老後ではなく今のためにお金を使うことの大切さ

お金はなくてはならないものだけど、使えばまた入ってくると聞いて、最近では必要なものは買ったり、旅行に使ったりできるようになりました。

私は、子供の頃に家が災害に遇って、その後何年も親が苦労していたのを見てきたので、人よりも心配性にはなっていると思います。

なんとなく、老後やいざというときが気になって、私はキープしておきたいのですが、夫は老後だけじゃなくて、今健康で、楽しめるうちに楽しんでおかないと、何のために働いているかわからないと言います。

それを聞いて目からウロコでした。確かに、老後まで健康であるとは限りません。それに、今のように気力も体力も劣るのは間違いないでしょう。

そんなときにお金だけあってもしょうがないということです。それに、楽しむことを知って、歳をとっていけば思い出を振り返ることもできるし、短く終わったとしても豊かな人生だったと言えると思います。

だから、お金は人生を豊かにするために、目的を持って貯めて使い、また貯めて…と繰り返していけばいいのかなと考えが変わりました。

生活費や老後のこと、投資や相続のことまで、お金の話は血の繋がった家族でもなかなか細かいところまで話せないものです。

しかし、夫は、「避けて、肝心なことを話してないからトラブルになる」という考えなので、私ともいろいろ話をしながら意見をすりあわせてきました。

少しはキープしておきたいという私と、どんどん投資をして増やしたい夫と、なかなかそこだけは噛み合いませんが、程度の差はあれ、豊かに暮らしていくにはお金が必要というところは一致していると思います。
今すぐお金を借りる

私がクレジットカードを手放せない理由

クレジットカードの利点は、やはりポイントが付いてお得なところ(ポイントが貯まるクレジットカード)です。支払い時にポイントが付くだけでなく、ゲームやアンケート、サイトのクリックなどでポイントが増えるカードもあります。

しかし、私にとって一番のメリットは、持ち歩く現金が少なくてよいことです。特に海外に行った時に現地通貨に交換する手間が省けて助かります。小銭の授受もないし、財布に小銭がたまらないのも良いです。だから支払いもスムーズです。この点が気に入って、国内で数百円の買い物でもクレジットカードを使っています。サインのいらないところも増えていますので、ますます便利になってきています。

インターネットショッピングもカード情報を登録しておけば、商品を選ぶだけですぐに購入できます。その分、使いすぎないように毎週カードのサイトで請求額をチェックしています。同時に不正使用の監視にもなっています。

不正使用といえば、一度不正使用されたことがあります。クレジットカードにはもっと安全性を高めてもらいたい、というのが私の希望です。

お金がないと感じた時の私の対処法

お金がないと感じた時の私の対処法ですが、まずどんな時にお金がないときなのか。
私の場合はパチンコに行くお金が無くなった時にお金がないと感じます。
私は会社員として働いていますが、手取り収入の半分以上はパチンコに使ってしまいます。
なのでどうしても、月末あたりには懐が寂しくなることもあります。
そんなときの私の対処法は、近所にあるディスカウントショップで食費を限界まで切り詰めることです。
このようなショップでは、食料品などがそこらのスーパーで売っている値段の半額以上で購入することができるので、お金がないときはちょくちょく寄ります。これでほとんど乗り切ることができます。
しかし、どうしてももう使うお金が残っていないというときは最後の手段です。
ひたすら寝ます。仕事をしているときは起きていないと仕方ありませんが、家に帰ったらすぐに寝る。給料日を待ってひたすら寝ます。
消費者金融で借りるという方法もありますが、借金がふくらんで返せなくなることを考えたら、とてもではありませんが借りることはできません。
以上、お金がないと感じた時の私の対処法でした。

出張先でも夜間でもお金を借りることができます

私は普段、お金を借りるときにはカードローンを活用しています。

カードローンには信販系の物と銀行カードローンがありますが、それぞれ特徴があります。

銀行カードローンの方が信販系に比べて審査が厳し目だったり、ある程度申し込みに時間が必要になることが多いです。

しかし、その分金利が低く抑えられており返済の負担が少ないというメリットがあります。

このように、申込み時から利用後のサービスまで、両者には違いがあるので、どちらを選ぶかは結構重要なポイントだったりましす。

そんなわけで私は総量規制対象外(※)でもある銀行系のカードローンを利用することが多いです。

カードローンを使うことのメリットと言えば、いつでも場所を問わずに手数料要らずでお金を借り入れられることです。

銀行が営業していないような夜の遅い時間帯であっても、カードローンがあればコンビニや提携しているATMから簡単にお金を借りることが可能なので、私は出張の際に急にお金に困った時や、夜の友達の誘いが急に来たときにはいつもカードローンを愛用しています。

借りるときも便利なのですが返済もコンビニやATMでできるので助かります。たいていどこのコンビニでも使えますから、出勤や出張などの合間にさっと立ち寄って済ませることができます。

※総量規制対象外とは・・・http://megutan0211.girly.jp/

初めての女性ローン

昨年、住宅購入のため初めて銀行ローンを組みました。

職場の給料が安く、転職したため1年の勤務期間しかなかったのですが、なんとか借りられるところがありました。

通常の銀行さんは3年以上勤務が条件などがあり、自分が借りたのは労金です。

労金というと今まで全く縁のないところでしたが、コンビニで手数用無料でカードが使えるので重宝しています。

労金では住宅ローンの場合幾つかの条件を満たすと金利が安くなります。

例えば給料振込や公共料金を変えるとか、コープの会員になるなどです。

そういったことを親切に教えてくださり、また銀行員の固いイメージとは違った方に担当していただきました。

私がどうしてもお金を借りたいと思った時は気にいった中古車が見つかった時

私は公休日は暇があれば中古車専門店に出かけています。
基本的には車を見るだけで何も買わない事がほとんどですが、たまに自分が気に入った車があると購入してしまいます。
このような時は貯金がない事も多くて購入を控えようとは思ったりもしますが欲しいという気持ちに負けて契約した事があります。

この時は両親にお願いしてお金を借りました。
銀行や消費者金融からお金を借りることも考えましたが、やはり利息が高い事もあって実際に借りるところまではいかなかったです。
その点、両親にお金を借りた場合は利息も特に要求されないので安心です。

私は最高で400万円の中古車を購入した事があり、この時は両親からは300万円借りました。
新車ならある程度は購入に関して我慢はできますが中古車は世界に1つしかなくてお買い得ならすぐに売り切れてしまうから買いたくなってしまいます。
私は現在の所有している車も中古車ですが、この車も両親からお金を借りて購入しました。
また、借りたお金に関しては給料から毎月10万円を返済しています。

宴会の景品で女性が喜ぶのはブランド物!

宴会の景品としてもらって嬉しいものは女性はブランド物ではないでしょうか。大学時代の卒業パーティーでのビンゴの景品はブランド物が多くて、全員テンションが上がっていました。

ティファニーのシルバーのネックレスだと2万円しないくらいで購入出来ますし、ティファニーブルーの箱や袋を見るだけでテンションが上がるので女性が参加する宴会の景品には良いと思います。

父が参加した宴会でもらって来たものにはルイヴィトンのバッグやバカラの花瓶などがありました。

男性がもらって喜ぶと言うよりは、男性が自宅に持って帰った時に奥さんや娘さんが喜んでくれるような商品が多かったですし、実際にもらってきてくれた時には嬉しかったです。

消費税が8%に上がるので日用品なども嬉しいと思いますが、宴会など日常より盛り上がって少し景気の良さを感じたい時には日用品などの景品ではなくて少し高級感のあるものが欲しいなと思いますし、自分が幹事ならばそういう景品をそろえたいなと思います。

景品目録.com・・・大きなサイズの景品は持って帰るのが大変!そこで目録というカタチの景品になります。ギフト券でもいいですよね!